スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・・放射能汚染、ますます拡大を知らないゾンビたち。東京湾のコイも福島原発沖のヒラメ以上に汚染されていた!


17f8c48d73e6618acb975c5e1a7014a1.png 

東京湾のコイも福島原発沖のヒラメ以上に汚染されていた!


福島第一原発の事故で放出された放射性物質は、依然として首都圏に滞留しているのだろうか。
■新中川のコイから、50Bq/kgのセシウムが…
旧江戸川と通じる新中川(江戸川区)の下流域で捕獲した全長約70cmのコイを、すり身にして放射能測定所のNAI(TI)シンチレーション検出器で測定したところ、50Bq/kgのセシウムを検出した。身を乾燥させれば水分が除去されてセシウムが濃縮されるため、さらに高い数値が出たはずだ。
単純比較はできないが、取材班が同じ時期に福島原発沖3㎞で釣り上げたヒラメから検出されたセシウムは2.1Bq/kgだったというのに…。
食品のセシウムの基準値は100Bq/kgだが、乳児用食品などは50Bq/kgとなっている。また、茨城県のように50Bq/kgを超えた魚介類は出荷を自粛する自治体もあるなかで、首都圏の魚からこの数値が検出されたことに取材班は驚きを隠せなかった。
放射線や水文学に詳しい長崎大学大学院の小川進教授によれば、「これまでの知見から、魚類では放射性物質の生態濃縮が100倍から1万倍の規模で起こることがわかっていて、大型で魚の生態系の上位に位置する魚は特にそれが顕著に現れる」のだという。


放射能汚染はもう終わったのだと勘違いしてるゾンビが
余りにも多すぎる
現実は、日々、拡散しているのだ!

様々な人々がそれぞれに違うことを大声で
正しいと大合唱するものだから・・・
もうわけがわからなくて当然の様な社会が誕生している

特に、専門家気取って広島や長崎で被ばくしたけど
健康で生きてるから、放射能なんて怖くない!
と大声張り上げ講演する連中はネットの誹謗中傷よりも
さらに質が悪い

福一から放出された放射能は広島原爆の数十倍だ!!
しかも、広島も長崎も原爆が破裂したときに放射能放出量
はピークを迎え、急速に低下した・・・しかし、福一からは
事故の後7年も毎日、そして、今後も毎日毎日放射能が
放出され続ける

広島や長崎などと比較などできないほどの規模である
ことを



自分オリジナルの情報源を作ろう!!
<マスコミを超えるネットをみんなで作ろう>
マスコミは国民をゾンビに洗脳する情報報道のみ
国民の生活に大事なことはなにも報道してない!

雨を感じる人々もいる、濡れたままの人々もいる・・・とは
ボブマリーの名言




個人の記念写真の撮影も承ってます!<ロケ写専門>
photo wedding 写真集制作を始めました
* 詳細は、上記をクリックしてください
  <絆>がテーマですので、ご家族、ご友人、恋人などの
  永遠の想いを世界でたった1冊の写真集に紡ぎます

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
プロフィール

zeronukes

Author:zeronukes
ブログ名称を<福島の真実>から<時事ネタ通信>に変更しました
内容もキュレーションを意識した内容から時事ネタを基にしたエッセイに変更します

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロマガ購読者向けメールフォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。